Menu

弘法大師の足跡を辿る

女性

巡る目的は人それぞれ

四国遍路とは「お遍路」からきたもので、お遍路とは弘法大師の足跡をたどり、四国八十八ヶ所霊場を巡礼する旅のことを指します。八十八ヶ所霊場にはそれぞれ番号がつけられていますが、順番通りに回る必要はなく好きな場所から巡礼することができます。四国遍路は自分探しの旅、健康祈願、縁結びや出会いの場など人によってその目的が変わります。多くの人が行き交う四国遍路の道で様々な人たちと出会いや別れを繰り返しながら各地を巡るのが四国遍路の特徴です。四国遍路を行う際、移動手段や服装などは特にルールはありません。したがって、車や電車で移動しても良いですし、服装もカジュアルなもので行っても構いません。もちろん伝統を守って歩いて巡礼したり専用の服装で行うのも良いでしょう。自分にあったスタイルで四国遍路を楽しんでみてください。四国遍路は順番に特に決まりはありませんが、1番から88番まで順番に回る順打ちが一般的です。逆に88番から1番まで逆向きに回ることを逆打ちと言い、順打ち3回分のご利益があると言われています。他にも88ヶ所をすべて巡ることを通し打ち、適度に区切りながら巡ることを区切り打ち、一つの県だけを巡ることを一国参りと言い遍路に仕方によって呼び方が変わるという特徴があります。四国遍路は88ヶ所すべて回りきるのに約1400kmほどの距離があります。事前にしっかりとスケジュールを立てた上で四国遍路の旅を行うと良いでしょう。